パーソナルデータ

身長:164cm
誕生日:11月19日
血液型:A型
出身地:静岡県
所属:(株)グランドボウル
プロ入り:2007年(40期生・ライセンスNo.429)
利き腕:右投げ
アベレージ(2017年):232.88
公認パーフェクト:4回
2017年ポイントランキング9位
※2017年50周年記念大会終了時点

主な戦績

2017年
JPBA創立50周年記念大会 9位
2016年
宮崎プロアマオープン 9位(タイ)
2015年
MKチャリティカップ 17位
六甲クイーンズオープン 13位
千葉女子オープン 9位
2014年
全日本女子 12位
2013年
六甲クイーンズオープン 16位
2012年
宮崎プロアマオープン 3位タイ
2011年
プロボウリングレディース新人戦 8位
2009年
プロボウリングレディース新人戦 2位

Pリーグでの成績
Pリーグ第12戦 3位
Pリーグ第14戦 3位
Pリーグ第21戦 3位
Pリーグ第25戦 2位
Pリーグ第29戦 2位
Pリーグ第30戦 3位
Pリーグ第43戦 優勝
Pリーグ第45戦 2位
第1シーズン 2位
Pリーグ第46戦 2位
Pリーグ第51戦 優勝
Pリーグ第55戦 優勝
第5シーズン 2位

ボウリングを始めたきっかけ

最初に父がやり始め、兄からそして母、自分とマイボウルを持つようになる。
小学6年生のとき、ジュニアボウリングスクールに通うようになり、本格的にボウリングを始める。
中学時代はボウリングだけでなくバスケットボールにも打ち込む。

高校・大学時代

片井文乃が同じ高校の1年先輩。
片井選手と共に高校対抗選手権で優勝を目指す。
このころから真剣にボウリングに打ち込むようになった。
高校卒業後、明治大学に入学し、ボウリング部に入部。
卒業するまでの間、女子部員1名という環境だったが良い仲間に恵まれ、ボウリングを切磋琢磨しながら充実した日々を過ごす。
同期に名和プロやジュニア出身の有望な選手がいたため、常に勝ちたい!という気持ちがあった。
「他大学の女子部員らとチーム戦で力を合わせ戦ったり、個人戦で競ったり時には、いろんな相談ごとを話したりするような関係を築けた。
学生ボウリングの醍醐味は“声だし"にあると思う。“さぁ!いっちょ"“ナイスボウル!"など、チーム戦においては声を掛け続けなければならない。
大学名を背負い、皆が一体となってチームメイトを応援する喜び、そして悔しさ。 このような、学生ボウリングに出会わなければ、これほどボウリングにのめり込むことはなかったかもしれない。」最近では学生ボウリングが衰退し、母校のボウリング部も廃部寸前。
「自分に今できることは、プロボウラーになりその魅力を若い人たちに精一杯伝えていきたい。」

プロ受験〜合格

「2度落ちたことは、とてもショックだった。しかし、自分に足りないものがあるから落ちたということを自覚し、来年が最後という気持ちで挑みたい。プロテストを受けることに際し、家族・先輩方・様々な方に支えられているという気持ちを胸に、合格することで恩返しをしたい。」
翌2007年4月、最後の挑戦と決め望んだプロテストでついに合格。念願のプロボウラーとなった。

プロ受験〜合格

フォーム・パフォーマンスなど、アマチュア時代とは全くの変貌を遂げた。高めのバックスイングが持ち味の一つでもある。
最近はボールの重さを14→15ポンドに変更している。
2008年春フロリダのケーゲルトレーニングセンターにボウリング修行のため渡米。多くの収穫を得た。
同年7月第28回神戸プロアマボウリングフェスティバルでは、出場全プロの中で予選トップ通過(結果は4位)。

2009年の新人戦では、予選Aシフト6G目に、自身初(JPBA公認173号)のパーフェクトを達成。

その他/エピソードなど

幼稚園の頃は上履きでボウリングをしていた。
ボウリングの大会で初めてもらった賞は「ガーター賞」。「子供ながらに賞をもらったことがとても嬉しかったが、今思えばとても恥ずかしい。」歩くことが大好き、身体を動かすことも大好きで特に球技が得意なので兄や友達と野球やサッカーをしていた。

斬新なコスチュームで毎回登場し、P★リーガーのファッションリーダー的存在。