サイトトップ > 最新トーナメント > 1回戦 Aグループ

第79戦 トーナメント第13シーズン第1戦

1回戦 Aグループ

対戦リーガー

鶴井亜南 VS 小池沙紀 VS 安藤瞳

ゲームスコア

ゲームスコア
 

第13シーズン開幕!1回戦Aグループは、「勝負師の心を持ちながら、女子力も磨く。」と女子力強化宣言した鶴井。「自分のボウリングが出来ず、落ち込む気分を払拭するべく、「バッサリいっちゃいました。」と心機一転ショートカットで今大会に臨む小池。そして「私が持つP★リーグのイメージはピンクでキラキラ。」とP★リーグを体現した衣装の安藤は、今大会の主役に輝けるか。

オイルの長さは少し長めの43フィート。試合開始のあいさつからほんわかとした空気を醸し出していたAグループは、準決勝進出の割合が高い鶴井を含む、全員がストライクスタートとなった。
前半はターキーを出した鶴井がトップ。奇数フレームのストライクが続く小池が2番手、そしてその後ろを安藤という順。全員オープンフレームを出すなど、波乱の兆しも見えている。

第4フレームのスペアミスから、3連続オープンとしてしまった安藤と対照的に、小池は第5フレームからストライクが止まらない。第7フレームでは、内ミスの感触だったか投げた瞬間に苦い表情を見せた小池だったが、結果はストライク。このラッキーを生かし、なんとそのままオールウェイでP★リーグ自己最高スコアを更新しての勝利となった。

8連続ストライクで大勝した小池は「泣きそうなくらいうれしい。投げミスもあったが。レーンに助けられた。」と大喜び。ポイント獲得のみにとどまった鶴井は、「小池プロのストライクに焦りが出てきてしまった。」と、そして次戦出場停止となった安藤は「あれだけスプリットが出るっていうことは、相当(攻め方が)違ったんだろうなと思う。もっとボウリングのことを勉強したい。」とコメントを残した。

 

このページのトップへ