サイトトップ > 最新トーナメント > 1回戦 Aグループ

第78戦 トーナメント第12シーズン第3戦

1回戦 Aグループ

対戦リーガー

名和秋 VS 鈴木亜季 VS 寺下智香

ゲームスコア

ゲームスコア
 

シーズン最終戦の1回戦Aグループは、「もう300でも負ける自信がある。」と勝負運のなさをぼやくも、「年も変わりましたし、明るくいこう!」と気分一新した名和、30歳の節目を迎え、「今年は挑戦します。あきらめないで自分を信じて頑張ります。」と抱負を語った鈴木、そしてSC決定戦連覇に向け、まずは初戦突破を狙う寺下が対戦。

名和と寺下が9本スペアで試合を始める中、鈴木は1投目でピンを割り、オープンスタートとしてしまう。 その名和と寺下は共に第2フレームをストライクとし、横に並ぶ。
しかし第3フレームでは名和にスプリットがきた一方、寺下はダブルに成功。そのままストライクを4つ繋げた寺下がダントツのトップで試合を折り返す。

第4フレームにボールを替えてダブルに成功した鈴木。この勢いで寺下を追いかけるもターキーを逃す。その後ろにつく名和は、偶数フレームではストライクが続くものの、欲しいのはダブル。
第8フレーム、鈴木は2つ目のダブルで再び仕掛けるが、寺下のストライクラッシュは止まらず。第7フレームからのオールウェイで、寺下の圧勝となった。

「(ストライクが出るラインの)幅を感じていましたね。」とビッグスコアでの勝利に喜ぶ寺下。準決勝でもこの勢いを見せられるのか。1pt追加の5ptでシーズン終了の鈴木は、「今日珍しくボールを替えたんだよね。それが良かったんだけど。」と、そして2ptで終了の名和は、「私と鈴木プロは結構苦労していたが、寺下プロはすごく(ストライクが出るラインに)幅があった。」とそれぞれコメントした。

 

このページのトップへ