サイトトップ > 最新トーナメント > 1回戦 Bグループ

第76戦 トーナメント第12シーズン第1戦

1回戦 Bグループ

対戦リーガー

鈴木亜季 VS 鶴井亜南 VS 大石奈緒

ゲームスコア

ゲームスコア
 

1回戦Bグループ。前回大会3位、今シーズンの6ショットも1位通過の鈴木。「問題はこの後。ガツガツしちゃうとダメだから、楽に、楽に。」と気負わず初戦突破を目指す。友人に勧められてネイルを始めたという鶴井は、「ネイルで気持ちが明るくなりました。」とテンションアップで準決勝進出を狙う。そして「ビッグゲーム出したい!!」と願う大石は、前回のリベンジを誓う。

ストライクスタートを決めたのは鶴井ただ一人。第2・3フレームと3者スペアで繋ぐ中、試合が動き出したのは第4フレーム。ボールを替えた鈴木はここで初ストライクとした一方、大石はスペアミスで明暗が分かれてしまう。
しかし続く第5フレームでは、ダブルの鈴木を含む全員がストライクをマークする。

フォースを狙うトップ鈴木の第7フレームはオープン。このチャンスに鶴井はターキーを成功させ、逆転トップに躍り出る。唯一のノーミスで先頭に立った鶴井であったが、なんと大事な第9フレームでスペアミス。これで鶴井と鈴木の差は3ピンまで縮まることに。だがこのチャンスを生かしきれず、試合は鶴井の逃げ切り勝利となった。

「後半に力みが入って、リズムがおかしくなってしまったが、最後まで平常心で投げられた。」と言う鶴井は、準決勝進出。「何あの(7フレの)6本。ちょっと慎重に投げすぎてしまいました。」という鈴木は1pt獲得、「10番ピンが飛ばないことで崩れてしまい、スペアも取れなくなってしまった。」という大石は、次回出場停止となってしまった。

 

このページのトップへ