サイトトップ > 最新トーナメント > 1回戦 Bグループ

第69戦 トーナメント第9シーズン第3戦

1回戦 Bグループ

対戦リーガー

長谷川真実 VS 川ア由意 VS 安藤瞳

ゲームスコア

ゲームスコア
 

1回戦Bグループは、前大会で3位、「”この1球にかける”感覚を思い出せた。」と勝負の勘を取り戻した長谷川。現在の保有ポイントが9ptと3位につける安藤は、「SC決定戦のイメージを抱きながら、2か月間練習を重ねて過ごしてきたので」と、狙うはシーズンチャンピオン。そして「今回の衣装は長谷川プロにいただいた衣装なんですよ。」という川アは、親しい先輩相手に下剋上なるか。

混戦のポイント争いを左右するBグループは長谷川のストライクスタートで火蓋が切られた。序盤はダブルをマークした長谷川を追うように、川アもダブルに成功。一方、安藤は第2フレームでまさかのスペアミス。次のフレームでで立て直したものの、一歩遅れてしまった。球速アップが今回の注目ポイントという川アは第4フレームのターキーで長谷川を追い越し、単独トップへ。

川ア、長谷川、安藤の順で迎えた後半。様々攻め方を試みる安藤は第6フレームで2つ目となるトライクをマーク。しかしこれを繋げられず、逆転に黄色信号。 2番手につける長谷川は、第8フレームにボールを”絞る”ようなラインどりでストライク。さらに第9フレームのダブルで川アにマーク数で並んだ。 しかしピン差は最終フレームでも縮まらず、川ア5ピンのリードで準決勝進出を決めた。

「惜しい負けが多かったので、今回は強い川ア由意をお見せできるように気持ちも十分作ってきた。」ことが勝因と喜びの川ア。残念ながらポイント争いから離脱となった長谷川は、「勝負には負けたが、1番P★リーグを楽しめた。」とこの勝負を堪能したようだ。そしてポイントを伸ばすことがでいなかった安藤は「なんか全部逃したな〜っていう感じですね。」と無念の表情を見せた。

 

このページのトップへ