サイトトップ > 最新トーナメント > 1回戦 Bグループ

第74戦 トーナメント第11シーズン第2戦

1回戦 Aグループ

対戦リーガー

酒井美佳 VS 山田幸 VS キムスルギ

ゲームスコア

ゲームスコア
 

1回戦Bグループは、獲得ポイント1ptの山田と、0ptの酒井とキムが対戦。ボールのメジャーを変えたという酒井は、「しっかり自分のボウリングうことに集中。薬指を痛めているという山田は、「ボウリングを楽しみたい。」と肩の力を抜く。そして、ラッキーカラーの赤いウェアで登場のキムはノーミスを目指す。果たして勝ち上がるのは!?

全員がストライクスタートを切ったBグループ。続く第2フレームは、酒井がスペア、山田はオープンとする中、キムはダブルに成功。第3フレーム、酒井は投球のバランスを崩したか、1・2・8・10番を残すスプリット。しかしそこはナイススペアで無事に乗り切った。
前半はフォースのキムがぶっちぎりのトップ。その後ろを酒井、山田の順で試合を折り返す。

後半に入っても決定打に欠け、キムとの差を縮められない酒井。第9フレームでは痛恨のオープンを出してしまう。一方、前半2つのオープンに苦しめられた山田は第7フレームから調子が上がり、ターキーに成功。2人の2位争いは激化。
しかし勝負は崩れないボウリングを続けたキムに軍配があがり、234の高スコアで1回戦突破を決めた。

宣言通り、ノーミスで1回戦突破を果たしたのはキムスルギ。「やった〜。今日は運がいいと思います。」と満面の笑みを見せた。「練習投球の時から10番ピンが飛ばなかったので、”10番ピン(残り)でいいやと思って投げよう作戦”で行ったが、見失ってしまった。」という山田と、 「ちょっと右(のレーン)が掴みきれなかった。」ことが敗因という酒井は、ここでシーズン終了となった。

 

このページのトップへ