サイトトップ > 最新トーナメント > 1回戦 Cグループ

第77戦 トーナメント第12シーズン第2戦

1回戦 Cグループ

対戦リーガー

川ア由意 VS 小林よしみ VS 大仲純怜

ゲームスコア

ゲームスコア
 

1回戦Cグループ。すっかり「おにぎりポーズ」が定着してきた川アは、現在3pt保有。今回もストライク連発でおにぎりポーズがみられるか。準決勝常連の小林だが、最後の決勝進出は約2年半前。「もうひとつ(決勝まで)上がりたい。」という熱い思いは叶うのか。そして今回が本戦デビューとなる大仲。伊賀出身にちなんだ「レーンのくノ一」というキャッチネームを輝かせられるのか。

唯一のストライクスタートをきったのは川崎。第2フレームでは小林と大仲もストライクをマーク。序盤は第3フレームでダブルに成功した小林がトップを走る。
しかし同フレームでストライクを出した川崎が第4・5フレームも快音を響かせターキーに成功。前半を終えて順は川崎、小林、大仲となっている。

後半に入っても勢いが止まらない川崎は、第8フレームで6連続ストライクに成功。小林は第6フレームのオープンで大仲に並ばれてしまうが、その後ターキーで再び盛り返す。一方大仲はマークを繋げ、安定したボウリングだがストライクがつながらず、攻めあぐねている。結果、川崎は一つのオープンなどものともせず10フレ2投目のストライクで1回戦を勝利を決めた。

高スコアでの勝利となった川アは、「10フレの2投目、(ピンが)倒れてくれたので今日はいいかもしれない。」と喜びのコメント。最後まで健闘の小林は、「も〜ショック。最後まで諦めていなかったんですけど、川崎プロが強かった。」と、そしてここでシーズン終了の大仲は、「次も絶対投げたかったんで悔しいです。」と、それぞれ悔しさを表した。   

 

このページのトップへ