サイトトップ > 最新トーナメント > 1回戦 Cグループ

第70戦 トーナメント第10シーズン第1戦

1回戦 Cグループ

対戦リーガー

名和秋 VS 鈴木亜季 VS 大石奈緒

ゲームスコア

ゲームスコア
 

1回戦Cグループは、前シーズンではポイントが奮わなかった名和秋と大石奈緒、そしてもう少しでSC決定戦圏内であった鈴木亜季が対戦。
新たなシーズンでは、JPBAポイントランキング上位の力を見せつけたい3名がどのような戦いを見せてくれるのか。

ストライクスタートは大石奈緒。第1フレームをスペアとした名和と鈴木は第2フレームも揃ってオープン。序盤から大石に追い風が吹いている。
この流れで肩の荷が軽くなったか、大石は第4フレームでダブルに成功。順調な試合運びで後半を迎える。

調整を重ねる名和だが、第6フレームで4番が残り、思わずため息。一方、同フレームでストライクの鈴木は、続く第7フレームでダブル。これでトップの大石まであと10ピンへと迫る。さらに同フレームで大石はオープンを出し、鈴木に追いつかれてしまう。一方名和は第8フレーム1投目で痛恨のスプリット。あわや連続オープンの危機に見舞われるが、ここはナイスカバーでほっと一息。

第9フレーム、再逆転を狙う大石は第9フレームでストライク。MAX181、205、212で迎えた最終フレーム、名和はパンチアウトで181、鈴木はスペア一つで190フィニッシュ。最後の投球となった大石は、スペアストライクでも190を超えるという状況であったが、1投目はなんとビッグ4が残り万事休す。痛恨のオープンフレームで一気に3位に転落し、次戦欠場となってしまった。

 

このページのトップへ