サイトトップ > 最新トーナメント > 1回戦 Cグループ

第78戦 トーナメント第12シーズン第3戦

1回戦 Cグループ

対戦リーガー

大石奈緒 VS 森彩奈江 VS 姫路麗

ゲームスコア

ゲームスコア
 

第1戦、2戦と連覇、そしてSC決定戦出場も確定した森は、「楽しみながら頂上目指したい。」と前人未到のシーズン完全制覇を目指す。昨年JPBAポイント&賞金ランキングで二冠の姫路は、「応援があればまだ頑張れる1年になる。」と応援を糧にその実力を見せつける。そして大石は、「(Cグループは)みんな1番引きたくないところ。大変な道だが、優勝目指したい。」とまずは初戦突破を狙う。

姫路、森、大石3人の優勝回数を合わせると20回にもなる強豪揃いのCグループは、3者ストライクでスタートを切り、ハイレベルバトルを予感させる。
第2フレーム、それをダブルにしたのは姫路のみ。そのまま姫路がフォーススタートでぶっちぎる。第5フレーム、姫路はスペアミスでオープンとするも、余裕のリードをもって試合は後半へ。

奇数フレームは快調だが、ダブルが望まれた大石は、第6フレームでついに成功。対する森と姫路は同フレームにスプリットからのオープンを出し、大石は逆転トップに躍り出た。
その勢いのまま、大石は第8フレームからオールウェイ。239のスコアで準決勝進出を決めた。 森は最後投球でストライクを出したものの、SC決定戦に不安を残す結果になってしまった。

久しぶりの勝利に喜ぶ大石は、「左のレーンで(ピンが)飛ばなかったが、薄めで上手くいったので、これでいこうと思った。」と試合の転機をコメント。5ptでシーズンを終えた姫路は、「総合的には上手くいったが、勝負としては中盤に悔しさが残る。」と、そしてシーズン完全制覇ならずの森は、「レーン変化した時に、早く内側に寄ってタイトに攻めれば良かった。」とそれぞれ試合を振り返った。

 

このページのトップへ