サイトトップ > 最新トーナメント > 1回戦 Cグループ

第68戦 トーナメント第9シーズン第2戦

1回戦 Cグループ

対戦リーガー

小池沙紀 VS 大石奈緒 VS 名和秋

ゲームスコア

ゲームスコア
 

1回戦Cグループは、連覇を狙う小池が登場。「前回の優勝ですごく勇気と自信を持つことが出来た。」という彼女の今回の活躍に注目が集まる。 「一番の目標がシーズンチャンピオン」だと語る大石は今シーズンの6ショットを落とし、現在0pt。ポイント獲得が望まれる。そして名和は、川崎での優勝経験を持つ二人に対し、「彼女たちに挑戦する気持ちで今回は挑みます。」と初心に立ち返る。

全員ストライクスタートとなったCグループ。第2フレーム、小池と大石はスペアでまとめたものの、名和は1投目でセブンテンを残し、オープンフレーム。第3フレームを終えてストライク2つの大石を先頭に小池、連続オープンとした名和の順となっている。しかし、第4フレームでは先を行く小池と大石が共にオープンを出し、名和にチャンスを与える形となった。

後半に入り、小池はこの試合初のダブルに成功し、リードを広げる。さらに小池がターキーに成功した第7フレーム、大石もストライクを出し、追撃開始。第8・9フレームと二人のストライク合戦は続き、 迎えた最終フレーム、6連続を狙う小池は、1投目で10番ピンを残し、MAXスコア224。大石はここをストライク2つ以上で勝利の可能性があったが、逆転に失敗。試合は小池の勝利となった。

連覇へと着実な一歩を決めた小池は、「4フレで割れたときに、そこでもう切り替えが出来たんです。あ〜でもバリ緊張した。」と笑顔。ポイント追加にとどまった大石は、「早めに(連続)ストライクが出せていたら展開も変わったかな。」と、そしてここでシーズン終了となった名和は、「投球とボールとラインに「ん?」と一瞬思ったがそのままいってしまった。 」をそれぞれコメントを残した。

 

このページのトップへ