サイトトップ > 最新トーナメント > 1回戦 Dグループ

第65戦 トーナメント第8シーズン第2戦

1回戦 Dグループ

対戦リーガー

鶴井亜南 VS 寺下智香 VS 安藤瞳

ゲームスコア

ゲームスコア
 

1回戦Dグループは、「次世代P★リーガー発掘プロジェクト」出身対決!毎回ポップ&キュートな衣装で登場の安藤、今回は岩見プロから贈られたウサギの髪飾りが幸運の鍵に!?現在大学教授監修の下、食事管理をしているという寺下。SC決定戦出場のため、高ポイントゲットなるか。そして前回7番ピンのカバーミスに泣いた鶴井は、ラインを変え、7番ピン対策をしてきたという。

第1フレームで前回の鬼門であった7番ピンを残した鶴井。しかしここは練習の成果を見せ、難なくクリア。しかしその後、ビッグ4、セブンテンからの連続オープンと失速。
一方、手堅い序盤を見せた安藤は、第5フレームでダブルを決め、単独トップで試合を折り返す。 しかし同フレームでは鶴井とボールを替えた寺下にも初ストライクが到来。後半に巻き返しなるか。

安藤と2位寺下の差が約20ピン3位の鶴井とは約30ピンで迎えた第6フレーム、安藤はターキーチャンスを逃してしまう。すると追い上げる鶴井が次フレームでターキーに成功し、2位に浮上。さらに波に乗った鶴井はフォースをマークし、安藤に迫る。
第9フレーム、鶴井は5連続ならず安藤がほっとしたのもつかの間、自身がセブンテンを出し、オープンフレームとしてしまう。

鶴井は200フィニッシュ。MAX204まである安藤、勝利の最低条件はストライク2つであったが……1投目にピンが残り、鶴井の勝利が決定。「本当にラッキーに恵まれました。」と、準決勝進出の鶴井は安堵の表情を見せた。「10フレーム1投目を勝負だと思い過ぎてしまった。」という安藤は1pt追加。そして「自分のボウリングができなかった」と悔やむ寺下は、ここでシーズン終了となった。

 

このページのトップへ