サイトトップ > 最新トーナメント > 1回戦 Dグループ

第76戦 トーナメント第12シーズン第1戦

1回戦 Dグループ

対戦リーガー

寺下智香 VS 名和秋 VS 岡田友貴

ゲームスコア

ゲームスコア
 

前シーズンの主役であった寺下。新P★リーガーとの闘いに「新鮮さを思い出して投げたい。」と気分新たに高みを目指す。「P★リーグの収録にちゃんと波長を合わせられていない。」と危惧する名和は、自分のボウリングを信じて勝利を狙う。そして第3回発掘プロジェクト合格者で今年プロとなった岡田友貴は、「ハイスペックガール」のキャッチネームに負けないデビュー戦を飾れるのか。

名和と岡田がオープンスタートと、波乱の幕開けとなったDグループ。第2フレームは寺下と岡田にストライク、第3フレームでは初っ端にビッグ4を出したレーンで名和がストライクを持ってきた。
トップを走る寺下は、第4フレームでオープンフレーム。その隙に名和がダブルで寺下にプレッシャーをかける。続く岡田もオープンで失速し、名和に追い風が吹く。

しかし寺下は第5・6フレームのダブルで立て直しに成功。名和もすかさずダブルを返し、両者ピン差の争いを繰り広げている。しかし、第8フレームのターキーチャンスを名和は失敗。オープンフレームと、逆に寺下を優位に立たせてしまった。その寺下は第9フレームのボールチェンジで攻めるもスプリット。しかし最終フレームにストライクを2つ出し、準決勝進出を決めた。

連覇に向けて一歩進んだ寺下は、「オールウェイしたいとボールを替えてみたが、違いました。」と逆転のリスクを取ったことを反省。準決勝は、「勝負しない」 で決勝を狙うという。1pt獲得の名和は、「反省以前の問題。体が言うことをきかなかった。」とコメントし、岡田は、「楽しかったです。ただスコアがついてこなかったので、打てるように練習してきます。」とデビュー戦を振り返った。

 

このページのトップへ