サイトトップ > 最新トーナメント > 1回戦 Dグループ

第66戦 トーナメント第8シーズン第2戦

1回戦 Dグループ

対戦リーガー

小林よしみ VS 川ア由意 VS 名和秋

ゲームスコア

ゲームスコア
 

1回戦Dグループは、昨年の最終ポイントランキングは自己最高の20位、今年こそ優勝をと意気込む小林よしみ。前回大会では2位と大健闘し、ポイントランキングも現在4位につけている川ア由意。そして「今年こそは1回戦突破を沢山できるように、まず第1戦目頑張りたい。」と話す名和秋が対戦。
川アがSC決定戦出場へ王手をかけるかに注目の一戦だ。

1投目を投球ミスとした小林と、名和はスペアスタート。
川アはストライクスタートをダブルへとのばし、序盤をけん引、その後ろをストライク1つの名和と小林が追う。
第5フレーム、川アがセブンテンで失速する中、偶数フレームでストライクを出す名和が、第5フレームでダブルに成功。これで逆転トップへと躍り出る。

全員ストライクの第6フレームを終え、迎えた第7フレーム。名和はフォースに成功し、二人を遠ざける。続く第8フレーム、川アも粘りのターキーをマークするも、そこはベテランの名和。プレッシャーを押しのけ、5連続を達成。
第9フレームにボールを替えてストライクをマークした小林もこのデッドヒートに加わり、勝負は最終フレームへ。

最終フレーム、川アはオープンで3位転落。試合はパンチアウトで締めた名和が準決勝進出を決めた。勝因は「(狙うコースで)迷いもあったが、中を投げようと決めたこと」だという。小林は、「後半にボールを替えて勝負に出たが、(10フレ2投目で)持ってくることができなかった。」とコメント。川アは9ptでシーズン終了とSC決定戦が目前だっただけに悔しい敗退となってしまった。

 

このページのトップへ