サイトトップ > 最新トーナメント > 1回戦 Eグループ

第66戦 トーナメント第8シーズン第3戦

1回戦 Eグループ

対戦リーガー

小泉奈津美 VS 小林あゆみ VS 小池沙紀

ゲームスコア

ゲームスコア
 

前回勝負の場面で「無難な戦い」を選択したと悔やむ小泉は、「攻めの気持ちを忘れないでいく。」と決意を新たにする。第57戦優勝以降、勝ちに恵まれない小林は、「後半に崩れることが多い」と自身を分析。「後半に強い小林」と言われるよう、イメージ回復に挑む。そして前回、初出場ながら決勝進出の快挙を成し遂げた小池は、さらなる認知度向上のため、活躍あるのみ。

今回はコントロール重視に焦点をあてる小泉は、唯一のストライクスタート。第2フレーム、スタートの遅れを取り戻すべく小林はストライクをマーク。これに続きたい小池であったが、1投目に10番を残し、さらにこれをスペアミス。連続オープンと大きく後れをとってしまった。試合は第4フレームでダブルに成功した小泉が、大きくリードする形で、後半を迎える。

第5フレームでボールを替えた小林は、後半に入ってストライクを連発。徐々に小泉を追い詰めていく。一方、3番手で苦しむ小池も、第7フレームでボール変え、ストライクに成功。しかしこれをダブルにできず、トップ争いに食い込めない。
第9フレームを終えて、MAXスコアは小泉227、小林226と接戦となるも、この勝負はパンチアウトでしめた小泉に軍配が上がった。

小泉は「嬉しいです。(第8フレームで)力んでしまったが、10フレ1投目に(ストライクを)持ってこられて良かったです。」と準決勝進出を喜んだ。貴重な1ptを手にした小林は、「(10フレ1投目を)大事大事って思い過ぎて力んだかもしれないです。」と、そして5ptでシーズン終了となった小池は、「はぁ〜やってしまった。なんしょっとやろ。」 とそれぞれの思いをコメントしてくれた。

 

このページのトップへ