サイトトップ > 最新トーナメント > 準決勝第2試合

第73戦 トーナメント第11シーズン第1戦

準決勝第2試合

対戦リーガー

姫路麗 VS 松永裕美 VS 寺下智香

ゲームスコア

ゲームスコア
 

準決勝第2試合は、昨年のJPBAランキング上位3名が揃い踏みのまさに女子ボウリング界の頂上決戦。パーフェクト優勝を飾るなど公式戦では絶好調の姫路。久々のP★リーグの頂点を目指し、冷静に燃えることを宣言。昨年三冠女王に輝いた松永は、「見ごたえのある試合になるかと思います。」と新たに気を引き締める。そして「怖いですけど、楽しみです。」と両女王に立ち向かうのは寺下。

序盤はターキースタートを切った松永が先頭に躍り出る。第3フレームを終えて、ダブルの姫路が2番手。そして3番手の寺下でさえストライク2つと、期待通りハイレベルの戦いとなっている。
しかしトップの松永が第4・5フレームとピンを割り、連続オープン。これで自動的に姫路が先頭となる。

しかし後半に入り、寺下が3連続ストライクでトップを奪取。一方、第7フレームにボールを替えて再びストライクを持ってきた松永。ここから再逆転なるか。

ところが終盤にに火がついたのは、姫路。終盤にフォースを成功させ、237の高スコアで決勝行きを決めた。

終盤のフォースが勝利を呼んだ姫路は「勝ちたいという情熱を持ちながらも落ち着いて投球できるように。」と決勝への意気込みを語った。先輩に挟まれても物おじせずに健闘した寺下は、「楽しかったです。」とワイルドカードでの決勝行きを決めた。そして「いい感じのスタートだったのにね。2回スプリットが出てるから、厳しかったですね。」 という松永は、準決勝敗退となってしまった。

 

このページのトップへ