サイトトップ > 最新トーナメント > 1回戦 Aグループ

第90戦 トーナメント シリーズ2021第1戦

1回戦 Aグループ

対戦リーガー

鈴木理沙 VS 小林あゆみ VS 櫻井眞利子

ゲームスコア

ゲームスコア
 

15周年を迎えたP★リーグは、今年度更なる進化を遂げる。5大会の総ポイントを争う年間シリーズ制に。そして賞金はトップだけ獲得というAll or Nothingゲームとさらに過酷な戦いへ。1大会の試合数は1試合増え10試合。ワイルドカードは1回戦2位の選手に適用。新会場のアイビーボウル向島、また今シリーズで姫路卒業など、目まぐるしい変化の中で、どんな戦いが繰り広げられるのか。

今回のリニューアルについて「気持ちも新たに頑張りたい。」という鈴木は奇数フレームでストライクが来るも、第5フレームのセブンテンでオープンを出してしまう。「最近自信を持って投げられるようになった。」という小林は、前半のターキーで単独首位。そして約1年ぶりの参戦となる櫻井は双子のママさんになって復活。櫻井は鈴木と同様にストライク2つオープン1つといった前半。

第6フレーム、立ち位置を調整した鈴木にストライクしかしその後はミスが目立ち3位転落。同じく第6フレームにダブルチャンスを迎えた櫻井だったが、失敗。

そんな中、小林は終盤にも2つめのターキー。さらにノーミスも加わえり、235のスコアで難なく1回戦を突破した。

一人高スコアでの勝ち上がりとなった小林。「今は(ストライクが出るラインの)幅も感じられたし、打てるコンディションだったが、(準決勝で)対応できるか不安は残っています。」とコメント。1pt獲得の櫻井は、「あと1ピンが倒れなかったですね。もっと攻めても良かったのかな。」と、そして敗退決定の鈴木は、「(攻め方を)決められずにズルズルいってしまった。」ことが敗因だと悔しがった。

 

このページのトップへ