サイトトップ > 最新トーナメント > 1回戦 Aグループ

第92戦 トーナメント シリーズ2021第3戦

1回戦 Aグループ

対戦リーガー

小池沙紀 VS 古田翔子 VS 岩見彩乃

ゲームスコア

ゲームスコア
 

シリーズ第3戦は産休の鈴木理沙プロのリザーブ選手として鈴木亜季プロが参戦。Aグループの小池は「欲を出さないように、1球1球しっかり投げたい。」と、古田は「(ピンが)残っても、ストライクでも笑顔。しっかりと前を向いて投球したい。」と。そして現在11ptの岩見は、「(賞金のことを)考えずに投げたいけど、300万円が頭から離れない。」と無欲がシリーズ制覇の鍵に!?

ストライクスタートは古田。それをダブルに繋げ、序盤をリードする。第3フレームで岩見はピンを割り、オープンフレームで一歩後退。
前半終わってダブルの古田を先頭に、第3・5フレームをストライクとした小池が2番手、そしてストライク1つの岩見という順となっている。

第6フレーム、ダブルチャンスを逃した小池。一方、前半伸び悩んだ岩見が、ボールを替えてからストライクを連発。ターキーで前の二人に追いついた。 しかし小池と古田も第9フレームをストライクとし、勝負は最終フレームへ。 すると岩見の失投から、小池と古田が共に1位フィニッシュ。勝負を決めるプレーオフの結果、勝利は古田の手に渡った。

激戦を制した古田は、「めちゃくちゃ嬉しいです。準決勝は緊張の中でも楽しみながら頑張りたい。」と喜びのコメント。悔しいプレーオフとなった小池は、「古田プロ、ナイスボールでした。よく1投目でストライクがくるなって。」と古田を称えた。そして3位の岩見は最終フレームについて「ワッペンが(腕に)くっついて、集中が切れた時に仕切り直すべきだった。」と後悔を見せた。

 

このページのトップへ