サイトトップ > 最新トーナメント > 1回戦 Aグループ

第86戦 トーナメント第15シーズン第2戦

1回戦 Aグループ

対戦リーガー

小林あゆみ VS 浅田梨奈 VS 鶴井亜南

ゲームスコア

ゲームスコア
 

1回戦Aグループは、前回の女王がいきなり登場。対するは6ショット落ちだった浅田と鶴井。 メンタルを鍛えた浅田はまず準決勝進出を狙う。今シーズンの6ショット最下位だった鶴井は、自分の投球に集中して高スコアを目指す。そして前大会4回目の優勝の小林は、自粛期間中は独自の練習に励んだとのこと。「出来れば連勝。」と今回も女王の座を射止めにいく。

小林はスペアスタート。浅田は1投目で小さくピンを割るも、ナイススペア。唯一鶴井はストライクで試合を始める。
前半終えて、ダブルでリードするも、第5フレームでスペアミスをしてしまった小林が先頭。 スプリット2つで苦戦しつつ、第4フレームまでマークを繋げていた浅田と、奇数フレームではストライクがくるものの、偶数フレームで模索中の鶴井が後を追う展開。

全員マークを繋げるものの、厳しい状況が続く後半。小林の最終フレーム1投目はピンが残り、MAX196まで。対する浅田はパンチアウトで196まで。しかもレーンはこれまでずっとストライクが続いているという好条件であったが、1投目はなんとセブンテン。一転最下位転落となってしまった。一方第3フレーム以降、ストライクがなかった鶴井がパンチアウトでポイントを獲得した.。

辛くも勝利を収めた小林は、「出場停止だけは避けたいと思ってました。(準決勝は)力を入れ過ぎず、大事に投げたい。」と連覇に向かってまずは一歩を踏み出した。 最後の追い上げで次戦出場権を手にした鶴井は、「10フレで自粛前の自分の投球ができた。」とのこと。そして最後のスプリットについて「気持ちと共にスピードが乗ってしまった。」という浅田は、ここでシーズン終了となった。

 

このページのトップへ