サイトトップ > 最新トーナメント > 1回戦 Eグループ

第90戦 トーナメント シリーズ2021第1戦

1回戦 Eグループ

対戦リーガー

渡辺けあき VS 中野麻理子 VS 小池沙紀

ゲームスコア

ゲームスコア
 

帰ってきた3人対決となるEグループ。新ルールのワイルドカードについて「でも1位を目指して通過しないと。」と渡辺の目標はあくまで勝利。 「いつかまた戻れたらと思っていたので嬉しいです。」と約6年ぶりの復帰の中野は、公式戦勝利も経験し成長してカムバック。 「今回は自信に満ち溢れているんです。」という小池は6ショットでも1位通過。周りは気にせず、自分と戦い勝利を狙う。

左投げ、バックアッパーの選手が勝ち上がる中、中野に有利な状況となるのか気になるところだが、スタートは 全員ストライク。それをダブルに繋げたのは渡辺一人だが、他の2人も決して調子は悪くない序盤。
前半は渡辺と、第4フレームにダブルを返した中野が先に立ち、第5フレームでオープンを出した小池の巻き返しが期待される。

第7フレーム、渡辺はスプリットからのオープンで、トップを中野に譲ってしまう。中野はこのチャンスに第8フレームでダブル。このまま走り抜けるかと思いきや、第8フレームから小池が見事にオールウェイ。3位から一気にトップとなり華麗な逆転劇を見せた。
ワイルドカードは最後のスペアミスで競り負けてしまった中野となった。

逆転勝利の小池。「8フレまで負けていたのに、今日は、全部(ストライクを)持ってくれば勝つやんと思った。」とポジティブが勝因だとコメント。 「練習は伸び伸び投げていたが、あの舞台に立った瞬間から悪いところが前面に出てしまった。」という中野はワイルドカードに、そして「沙紀プロも強かったが、私も投げミスとか無かった。」とボウリングの内容に納得の渡辺はここで敗退となった。

 

このページのトップへ