サイトトップ > 最新トーナメント > 1回戦 Eグループ

第87戦 トーナメント第15シーズン第3戦

1回戦 Eグループ

対戦リーガー

小池沙紀 VS 大仲純怜

ゲームスコア

ゲームスコア
 

今大会は欠場選手が2名出たため、1回戦E・Fグループは2名での対戦となっている。
第9シーズンでは連覇を経験、そしてそのシーズンのチャンピオンに輝いたこともある小池。今回は「しっかり腕を振り切る」ことに集中するという。対するはP★リーグアベレージ206.3と安定感が魅力の大仲。余計な力を抜いて初戦突破を目指す。

ストライクスタートは小池。しかしその後は9本カウントが続き、前半でストライクは1つのみ。

大仲は第3フレームで初ストライクを決めたものの、続く第4フレームで10番ピンをミスし、オープンフレームを作ってしまった。第5フレームのストライクを足掛かりに、後半巻き返しなるか。

すると大仲はダブルに成功し、チャンスを物にした。追いつかれた小池は第7フレームにダブルを狙うも、4番が残ってしまう。その後、ピン差で競り合う両者は並走状態のまま最終フレームを迎える。 再逆転に挑む小池はパンチアウトで逆転したかったが、1投目は9本。一方大仲は1投目でストライクを出し、大仲が準決勝進出を決めた。

中盤のダブルが勝機となった大仲は、「相手のスコアを気にせず、自分のスコア、ストライクだけに集中したら(投球が)ちょっと良くなりました。」と喜びを表した。 惜しくも3ピン差で負けた小池は、「接戦でしたね〜。(ピンが)飛ばないときのイライラや焦りがプレーにも出てしまうので、そういうところを直していきたいなと思います。」と反省のコメントを述べた。

 

このページのトップへ