サイトトップ > 最新トーナメント > 1回戦 Eグループ

第86戦 トーナメント第15シーズン第2戦

1回戦 Eグループ

対戦リーガー

姫路麗 VS 久保田彩花 VS 渡辺けあき

ゲームスコア

ゲームスコア
 

自粛期間に家でボールを”握る感触”を保ったり、体のメンテナンスに勤しんだ姫路は、努力の成果を見せられるのか。「(川崎グランドボウルとの)駆け引きが難しい。」と公式戦と違ってP★リーグでは準決勝止まりの久保田は、川崎のレーンを攻略出来るのか。前回初戦落ちながらも手ごたえを感じた渡辺は、「(前回は)勝負出来て楽しかった。」と今回こそ初戦突破なるか。

全員がストライクスタートと快調な滑り出しを見せたEグループ。姫路と久保田はダブルとした一方、渡辺は1投目でスプリット。しかしこのピンチをナイススペアで乗り越えた。 やや不安定な投球の久保田は、第3フレームはスペアとしたが、第4フレームのスプリットはオープンとし、3番手に。反対に第4フレームから勢いを増したのは渡辺、第6フレームではターキーに成功し、姫路に肉薄する。

第7フレーム、姫路の1投目でピンが残ったことでついに姫路と渡辺がマーク数で並んだ。
ようやく来たリードのチャンスであったが、渡辺はここで痛恨のスプリット。惜しくもここをオープンとし、逆転ならず。一安心の姫路は終盤にダメ押しのダブルで勝利をつかみ取った。

ノーミスで勝利の姫路は、「上出来です。100点満点。粛々と決勝目指して、勝ち上がりたい。」と納得の様子。 ポイント追加に留まった渡辺は、「第3戦こそは3度目の正直をお見せ出来るように。」とリベンジを誓った。そして 「自分のボウリングと投球ができなかった。自分が(力を)出し切った上で勝った負けたと言えるように調整してきます。」という久保田は0ptでシーズン終了となった。

 

このページのトップへ