サイトトップ > 最新トーナメント > 1回戦 Eグループ

第81戦 トーナメント第13シーズン第3戦

1回戦 Eグループ

対戦リーガー

森彩奈江 VS 松永裕美 VS 名和秋

ゲームスコア

ゲームスコア
 

ここ3大会連続で決勝進出の松永をはじめとするベテラン揃いのEグループ。各選手の保有ポイントは、松永18pt、名和4pt、森2pとなっている。
「気合でピンを倒す」という森、「今回も閃きを大事にしたい」という松永、「200アップが目標」という名和。果たして準決勝に進むのはどの選手になるのか!?

森はストライク、松永はスペア、名和はオープンと三者三様の出だしを見せたEグループ。
第2フレームで早速初ストライクをマークした松永と名和は、第3フレームでともにダブルに成功。
しかし第5フレームで森もダブルを返すなど、気の抜けない攻防が続く。

3番手の名和は第6フレーム1投目でピンを割り、オープン。一方松永は第7フレームのターキーでトップ独走状態に持って行った。
見事に立ち直りを見せた名和も終盤にダブル。
MAXスコア森225、松永237、名和212で迎えた最終フレーム、森の1投目でストライクを出せずに逆転に失敗。結果、勝敗は松永に軍配が上がった。

松永は、「今日は(投球が)不安定でしたね。自分のボウリングが出来ず、タイミングもいまいちでした。」と納得の勝利とはいかなかった様子。3ptでシーズン終了の森は、「(6フレ1投目)親指が抜けずに球が飛んでいってしまい、もったいなかった。」と、そして4ptでシーズン終了の名和は、「(6フレの)スプリットさえなければ追いついたかな…」と共に第6フレームを悔やんでいた。

 

このページのトップへ