サイトトップ > 最新トーナメント

第83戦 トーナメント第14シーズン第2戦

トーナメント表
  ※1回戦…1位は準決勝進出 2位は次大会出場権利獲得 3位は次大会出場停止となる。

第83戦 対戦結果

準決勝第2試合

対戦リーガー

岩見彩乃 VS 大石奈緒 VS 尾上萌楓

ゲームスコア

ゲームスコア
 

準決勝第2試合。P★リーグ自己最高スコア265で約1年半ぶりに初戦突破を決めた岩見。P★リーグデビューから2大会連続初戦突破し、前回の準決勝で敗れた大石にリベンジを果たしたい尾上。そして初の素手投球で準決勝進出の大石は、「思ったように投げられない怖さ」を克服して、1位通過なるか。現在の ワイルドカード候補はスコア196の鶴井。………続きはこちらから!

 

準決勝第1試合

対戦リーガー

鶴井亜南 VS 姫路麗 VS 名和秋

ゲームスコア

ゲームスコア
 

素手での1回戦勝利を「大きな自信になった。」とコメントした姫路。「まっさらな気持ちでレーンを読む」と気を引き締め、狙うはその先。 自身の鬼門を準決勝と捉えている鶴井は、「深呼吸をしっかりたくさんする。投げ急がない。」と独自の攻略法でベテランに挑む。 そして「4年ぶりの決勝にいきたいですね。」と話す名和は、望むストライクラッシュを………続きはこちらから!

 

1回戦 Fグループ

対戦リーガー

櫻井眞利子 VS 大仲純怜 VS 尾上萌楓

ゲームスコア

ゲームスコア
 

前回大会3位の櫻井がFグループに登場。「今回はSC決定戦に近づく大事な一戦。」だと、気合を入れて臨む。6ショット落ちで第2戦からとなった大仲は、「やっと投げられます。」とやる気十分。ウェアもヘアスタイルもちょっと強めに決め、勝利を目指す。そして前回デビュー戦初勝利を手にした尾上は、大胆にイメチェン。「ノーミス&ビッグゲームを目指す。」と………続きはこちらから!

 

1回戦 Eグループ

対戦リーガー

小林あゆみ VS 岩見彩乃 VS 大嶋有香

ゲームスコア

ゲームスコア
 

Eグループは、左投げ対バックアッパーと注目の一戦に。前回優勝の小林あゆみは、「二人よりプロ入りは早いので、メンタル面は自信をもてるかな。」と連覇を目指す。岩見は、「リベンジの準備はばっちりなんで。」と、232ながらも敗退となった前回の雪辱を果たす。「(3人の中で)私のラインが一番中から投げるタイプ」という大嶋は………続きはこちらから!

 

1回戦 Dグループ

対戦リーガー

大石奈緒 VS 森彩奈江 VS 川ア由意

ゲームスコア

ゲームスコア
 

全員が補助器具を外して初めてのP★リーグとなったDグループ。前回大会2位の大石は、悲願のシーズンチャンピオンのために「しっかりポイントを取れるように。」と気合を入れる。対するは6ショット落ちからの復帰となる森と川崎。 「今調子自体は決して悪くない。という森と「ストライクを重ねられるいいゲームにしたい。」という川ア。………続きはこちらから!

 

1回戦 Cグループ

対戦リーガー

名和秋 VS 山田幸 VS 寺下智香

ゲームスコア

ゲームスコア
 

「過去には253、237、260での敗退も経験している名和は、「今回こそ1回戦突破していい年で終えたい。」とベテランの意地にかけ、勝利を渇望する。前回のプレーオフではまさかの敗退を見せた山田は今大会、「とにかく自分に集中」だと気を引き締める。そして 若手実力ナンバー1の寺下は「本当に自信がありません。」と衝撃発言。P★リーグでは初の素手投げは………続きはこちらから!

 

1回戦 Bグループ

対戦リーガー

鈴木理沙 VS 坂本詩緒里 VS 鶴井亜南

ゲームスコア

ゲームスコア
 

「今度は勝ちを争えるように。」と挑む鈴木は、素手での投球に備えてドリルを変えて臨む。 今シーズンの6ショットでは痛恨の最下位を喫した坂本は、「悔しくて次は活躍したいという気持ちが強くなった。」という。力まない自然な投球で成長の証を見せられるか。そして同じく6ショット落ちで第2戦からとなった鶴井は、約1年前から素手での投球にスイッチし………続きはこちらから!

 

1回戦 Aグループ

対戦リーガー

浅田梨奈 VS 小泉奈津美 VS 姫路麗

ゲームスコア

ゲームスコア
 

来年からJPBAで導入される「公式戦での補助器具禁止」のルールを、P★リーグでは今大会から実施。浅田は「未知」だと不安もあるが、自分のボウリングに集中。前回の敗退でAグループへの苦手意識が生まれた小泉だが、「弱気にいかず、攻めたい。」と自らを鼓舞。そして公式戦20勝を達成し、女子プロ史上9人目の永久シードプロとなった姫路は ………続きはこちらから!

 

このページのトップへ